ムーンストーン(月長石) パワーストーン

ムーンストーン(月長石)


ムーンストーン パワーストーンの意味・効果

ムーンストーンは愛の石と呼ばれ、恋愛成就のお守りとされ、希望と愛を育み幸福をもたらすと言われます。恋人の出現や新しい愛との出会いをもたらしたり、喧嘩別れをした恋人たちを再び結びつける効果もあるとされます。 情熱的なパワーをもつとされ、マンネリ化している関係にも新鮮さをもたらしてくれます。恋人や愛する人に贈ると、絆をより一層深めて、愛が一層深まます。

ムーンストーンは永遠の若さを与えると言われ、女性らしい魅力を与えます。感受性を豊かにし、直感力、インスピレーションを高め、眠っている能力を引き出してくれます。「月が満ちている時にムーンストーン パワーストーンを身につけていると未来の恋人に会える」、「自分の将来が見える」などと言われます。

旅の安全が守られ、旅行のお守りに使われる。家族や親しい友人などの危険を知らせ、危険から守ってくれると言われます。邪気払い、魔よけにも効果的です。

ムーンストーンは心を明晰にし、適切な判断をさせ、自分の進むべき道に迷っている時は、迷いを取り去って、正しい選択へと導いてくれ、恋人選びの時は、冷静さを持って、的確に人を見抜く力を与えます。怒りや悲しみ、感情の乱れやストレス、過去に蓄積された心の中のマイナスのパターンなどを鎮め、心を癒して穏やかで優しい気持ちにさせてくれ、精神を安定させ、情緒不安定、うつやノイローゼなど精神病に効果があります。


ムーンストーン 物語・伝説

ムーンストーンは、紀元前1世紀頃から人々に知られていたとされ、プリニウスの『博物誌』やアルベルトゥスの『鉱物書』の中では『この石(ムーンストーン)は、月の満ち欠けに従いその形も大きくなったり小さくなったりする』と記述されています。その神秘的な名が示すように、世界各地で月のパワーを秘めた石として崇められ大切にされてきました。

現在の『ムーンストーン』という名で呼ばれ始めたのは、1600年代からだといわれています。 その語源は、ギリシャ語で月という意味の『セレニテス』。『月の満ち欠けに従い、その形も大きくなったり小さくなったりする』ことから名づけられました。夢のような話ですが、これは真実と考えられています。

古代インドでは"聖なる石"として聖職者が身につけたり、豊穣を祈って農具につけたりなど大切に扱われてきたようです。
また、ヨーロッパでは『旅人の石』として、旅に出かける際は安全を祈願して、この石を身につけたといわれています。

ムーンストーンは、古くから神秘的な月とのかかわりが深く、そのエネルギーを宿した石とされ、多くの人々に愛されてきたパワーストーンといえるでしょう。


ムーンストーン こんな時・人におすすめ

・出産
・女性性を高める
・月のエネルギーを受容する
・感受性を高める
・将来への見通し、未来予知
・宇宙意識と繋がる
・永遠の愛を象徴する
・愛を伝える石
・希望や生きる意欲を与える
・勝負事に効果的


ムーンストーン 石の言葉

健康、長寿、富貴、愛の予感、純粋な愛、母性本能、悪魔払い


ムーンストーン 浄化方法

水、月、水晶クラスター


ムーンストーン 産地

インド、スリランカ、タンザニア、アメリカ、北朝鮮、マダガスカル、ミャンマー、アメリカなど


ムーンストーン 硬度

6



ムーンストーン 関連のおすすめ商品

おすすめ商品はありません。

戻る
Copyright © 2018 悠悠養生堂. Inc. All Rights Reserved