カーネリアン(紅玉髄) パワーストーン

カーネリアン(紅玉髄)


カーネリアン パワーストーンの意味・効果

カーネリアンのパワーストーンとしての主な意味は、“エネルギー”となり、これから何かを始めようとする人や、困難や障害に遭った時に持ち主を支えたり、ライバルに勝ちたい時の守護石、体力の回復を支えてくれるパワーストーンとなっています。

生命力を象徴する色となっており、このカーネリアンも、生命力と活力を増強させ、さらに強い自己を形作るサポートをしてくれます。 日頃から気力、体力ともに必要とする人から、やる気がすぐになくなる傾向のある人、体力がない人に効果的です。また、チャレンジ精神を活性化させる効果もありますから、前向きで発展的な思考を継続させ、同時に邪気を退けてくれます。さらに、勇気をつけ、持ち主をポジティブにし、真実・真理を見極める洞察力を高めてくれます。この特性は、特にビジネスにおいての成功に導いてくれます。また、意志を強化してくれる効果がありますので、お酒やタバコをやめたい人、控えたい人、ダイエットにも効果的です。

生殖機能へのエネルギーを作用させる効果があります。カーネリアンは特に女性に作用力が高く、受胎力をアップさせてくれる効果もあります。子宝のパワーストーンとしても有効です。また、男性恐怖症や不感症の緩和という効果もあります。古い歴史の中では粉末にして止血剤としたり、神経痛や肝臓の薬として用いられてきました。


カーネリアン 物語・伝説

世界四大文明のうち、エジプト文明、メソポタミア文明、インダス文明の3つの文明でカーネリアンが重用されてきていました。

・エジプト文明 – 遺跡から出土した装飾品の中から発見。“幸運を呼ぶ石”と呼ばれていた。
・メソポタミア文明 -紀元前2500年ごろのメソポタミア王墓から装飾品が発見
・インダス文明 – カーネリアンをビーズに加工して繁栄した

古くから護符として大切にされ、戦士が戦場へとおもむく際には『勇気と勝利』のお守りとして身につけていたといわれています。

またイスラム教のマホメットが身につけていた石ということから『魔力石』『悟りの石』とも呼ばれることがあるそうです。

そのほか世界中のさまざまな地域で装飾品や印鑑として用いられてきましたが、なかでもナポレオンが常に携帯していたとされるカーネリアンの八角形の印章が有名ですね。


カーネリアン こんな時・人におすすめ

・持ち主をエネルギッシュに
・日頃から体力、気力を使う人に
・困難、障害を乗り越える力を授ける
・目標達成、成功
・ライバルに勝つ
・お守り・護符
・臆病さを克服し勇気を授ける
・活力、やる気をアップ
・セックスアピールを高める
・真実、真理を見抜く力を授ける
・ビジネス運アップ
・セックスレスの解消
・生殖機能の活性化
・男性恐怖症、不感症の改善、克服
・出血の流れを鎮める
・子宝運アップ


カーネリアン 石の言葉

勇気、友情、幸運、明晰な思考、希望


カーネリアン 浄化方法

水、月、水晶クラスター、塩、土・砂


カーネリアン 産地

インド、南アフリカ、ブラジル、ウルグアイなど


カーネリアン 硬度

6.5-7



カーネリアン 関連のおすすめ商品


戻る
Copyright © 2018 悠悠養生堂. Inc. All Rights Reserved